和の香り




和の香りの種類





形によってコーン型・スティック型・コイル型に分けられます。

・コーン型
円錐の先端に火をつけます。下にいくほど燃焼面積が増えるので香りも強くなります。短時間で香りを楽しめ、灰がそのままの形で残り散らばらない点が便利。香皿や灰の上にそのまま置いて使います。

・スティック型
最もポピュラーで種類も多いタイプ。太さが一定なので最後まで安定した香りを楽しめます。香立の小さな穴にさして使用します。

・ コイル型
燃焼時間が長いので、広い部屋や玄関など空気の流れの多い場所向きです。
途中で消したい時は折って香立や香皿にのせておきましょう。








 
あまり一般的ではありませんが、たき方は意外と簡単です。香炉の灰におこした炭をうずめます。灰の上にお香を置いて、灰を伝わって届く熱でじんわり温めていきます。ひと手間かけることで、いつもとは違う香りと出会えます。

香 木
よい香りのする木のことで、大きく「沈香」と「白檀」の2つに分けられます。
「沈香」は水の中入れると沈むくらい比重が重いことから「沈水香木」が正式名。「白檀」は木材そのものが香るため、香料の他に仏像彫刻や扇子などにも使われます。

練 香
粉末にした香料と炭の粉に、蜂蜜や梅肉を加えて練り合わせた丸薬状のお香。じっくりと寝かせることで、独特の深みのある上品な香りとなります。
「源氏物語」の中に「薫物」として出てくるお香もこの練香です。

印 香
粉末にした香料を、梅花形や紅葉形など様々な形に押し固めたお香。






 

匂い袋
熱を加えなくても香る、揮発性の高い香料(白檀・丁字・竜脳・桂皮など)を刻んで調合し、袋に詰めたお香です。この香料の混合物のことを「匂い香」といいます。









 

塗 香
最も粒子の細かなお香。ごく少量を手や首などにつける。元は、お坊さんが身を清めたり、邪気を払うために使われたため「清め香」ともいわれます。

長尺線香
読経や坐禅を組んだりする時間を計るために用いられます。
70センチを超える長いものもあります。

抹 香
非常に細かい、粉末状のお香。
仏前でたいたり、古くは仏塔や仏像に散布したりした。時香盤などにも使われます。
※ 時香盤・・・香時計の一種で常香盤ともいう。密教用具として広く普及した。箱に灰を敷き詰め、その上に木型を用いて溝を作る。これに抹香を盛って端から火をつけ、香の燃え進んだ長さによって時間の経過を知ることができる。

焼 香

各種香木・香料を刻んで調合したものです。使用される材料の数によって、三種香、五種香、七種香、九種香などとも呼ばれます。仏前で直接炭火の上に薫じます。

参考文献
 「香りが語る日本文化史 香千載」 監修 畑正高
                  発行 光村推古書院

 「お香が好き。にほんの香りを楽しむための便利帖」 著者 吉田揚子
                  発行 ソフトバンククリエイティブ

 「NHK趣味悠々 香りを楽しもう」 発行 日本放送出版協会


和の香りの楽しみ方




お部屋など空間を香らせるためにおすすめするのは、直接火をつけるタイプのお香です。

まずは玄関。お客様はもちろん私達もいちばん最初に入る場所です。
火が消えた後に香りが長時間残る、白檀や沈香などを使ったものは、いつどなたが来ても香りを感じることができます。お客様が来る時間が決まっている場合は、その少し前に火が消えるように焚くといいですね。香りひとつでお家の印象がずいぶん変わります。


次にお手洗い。特に風水では財運を上げる場所です。
こまめにお掃除をすることは当然ですが、最後に爽やかな香りを残しましょう。オレンジ色や黄色は財を象徴する色ですが、胃腸に働きかける色でもあります。黄色の香皿に柑橘系の香りはいかがでしょうか。



そしてリビングや書斎。いちばん長く過ごす場所ですね。
優雅な気持ちになるローズなどのフローラル系、リラックスできる森林系、ダイエットをしている方には食べる代わりにお菓子のような甘いバニラの香り(食べた気になれるそうです)、勉強部屋ならミントの香りがいいですね。




最後に寝室。1日の疲れを取り、心身を休息させる場所ということで好きな香りでなおかつリラックスできるものがいいですね。今日起きた嫌な事や悩み事は明日の朝まで引きずりたくないものです。大好きな香りに包まれながら幸せな気持ちで眠りましょう。気持ちを明るくさせてくれるオレンジや、鎮静作用のあるラベンダーなどハーブ系がいいですね。



最近では、日本の老舗のお香屋さんでも和の香りだけではなく、洋の香りのお香を扱っています。世界の街やリゾートをイメージしたものもあります。複数のお香をミックスして焚くのもおもしろいですね。意外な香りが生まれるかもしれません。






煙が気になる方は蓋のついた香炉が便利です。空気孔から多少の煙は出ますが、香りだけが拡散するので壁などを汚すことがありません。蓋はこまめに洗ってくださいね。

「忙しくてお香を焚く余裕もないわ」そう言う女性がたくさんいます。毎日子育て、家事、仕事と大変ですね。けれども、お湯を沸かすついでにお香に火をつけてみたらどうでしょう?
このちょっとした作業が心を軽くしてくれることでしょう。家事もきっと楽しくなりますね。


私達はたくさんの「匂い」に囲まれています。
靴の匂い、油の匂い、煙草の匂い、ソファの革の匂い、整髪料の匂い、意外と気づかないのが電化製品の匂い。このような匂いに惑わされてしまいますが、心地よい「香り」を焚いて、どうぞ物質では感じることのない、心の奥に灯る豊かさを感じてください。





磐田市香りの博物館  〒438-0821 静岡県磐田市立野2019-15
TEL.(0538)36-8891 FAX.(0538)39-0711


このサイトに掲載されているすべてのテキストと画像の無断複製・流用を禁じます。